【特集】パッチ6.2クリア後に振り返る、過去のヴォイド関連クエスト

【既出ヴォイド情報おさらい】漆黒・ソーサラーDPSロールクエスト ~お手本を見せてやるよ編~

このページは、漆黒編ロールクエスト・ソーサラーDPSの4話目です
下のボタンから今までのお話のページに飛べます^^

世界一受けたくない授業

テイナーは、あれからだいぶ力を取り戻してきたみたい。

すごいよね、テイナー。
いくら次元の狭間の中では時間の感覚が違う(本人にとっては最近のこと?)といえど、よくがんばったなあ。

うに

うになんか、久しぶりに使うジョブ大体覚えてないからね
毎回アクションリストの熟読から始まってるもん←

ただテイナーは実戦の経験がないから、そこだけは練習しておこうってことに。

アム・アレーンだとプロネーシスに見つかる危険もあるから、レイクランドで練習することにしたよ。

指導役は、まさかのうにがやることに決まったよ。
相変わらず人選ミスに定評のあるケリッグ。

さーて、さっそく始めますか〜……ってあれ?

うに

テイナー、その服どうしたの?

合流地点でいつもと違う格好のテイナー発見。
どうやらケリッグが装備を買ってあげたみたい。

ケリッグは魔力を高めるための必要経費、とか言ってるけど……ふ〜ん(にまにま)。

装備の件が照れくさいのか動揺しまくるケリッグ氏、パーソナルスペース近すぎ問題。
うにが胸毛をくんかくんかしている図ではないです。そういう特殊な性癖はないです。

というわけで……
うにのパーフェクト()戦闘教室がはじまるよ!

ビシビシいくよ〜、ついてこれるかな?

せっかくなので、うにもテイナーとおそろっぽい装備に。
これかわいいよね、うにも気に入ってる^^

お手本を見せてやるよ

いきなりテイナーに戦わせるのもハードル高いと思うので、まずはうにがお手本を見せてあげることに。

その辺にいた「獰猛なウルヴァリン」をつんつんして……いっちょあがり!

うへへ。うにすごい?

秘訣かあ……むむむ。

やっぱ連打だね、うん(適当)

あっ

うに

…………。

うにのアドバイスが功を奏さないので苦戦するテイナー。

……って、ケリッグ?!

ハラハラして見ていられなくなったのか、ケリッグが飛び出していってしまった。

そしてウルヴァリンも倒しちゃって……もおおおおお

うに

ケリッグのおばかーー!!

横から手出ししたら修行の意味ないじゃんか!!

授業参観で口出しする親御さんみたいなことしちゃダメ!!

まあ気持ちはわからんではないけどさ。
ケリッグとテイナーって、いつの間にか親子……ゲフンゲフン、兄弟みたいになってるよね。

この二人の関係、ほほえましくって好きだなあ。
あ、うには腐ってないです。そういう特殊な性癖はないです。

敵を前にすると慌ててしまうというテイナー。

ケリッグもさっき言ってた通り、術の威力は十分だと思うんだけどね~。

でもでも!だからこそ、この修行をやる意味があるってもんだよ。

うに

最初はみんな、そんなもんだよ

自信をなくす必要はない。

うにを見なさい!
最初どころか、いっつも床磨いてるんだから。

気合と根性で、とりあえず光ったとこ連打しとけば何とかなるなる←

というわけで、なんだかんだありつつ無事にひとりで討伐成功!

やったねテイナー!
魔力がふえるよ!!

この調子であと何戦かして、実戦経験を積んでいくことに。

テイナーは元々魔力が高いのもあって、場慣れさえしてしまえば全然問題ナシなんだよね。
最後の方はだいぶ落ち着いて戦えたみたい。

『Uniさんのアドバイスのおかげです』

……せやろ??

うに

ごめんなさい調子乗りました

戦うための理由

今日の修行を終えたので、一旦モルド・スークへ帰還。

ケリッグはうにに怒られたことを気にしてるみたいw
いや、いいのいいの。気持ちはわかるからw

基本的なことはうにが教えたから、これからはケリッグが指導を引き継いでくれるって。
なんかいつも任せきりで悪いなあ。

うに

……もしかしてケリッグ、うにの正体(闇の戦士)を察して気を遣ってる?
ま、まさかね^^;

テイナーってばさっそく今日の内容を復習してくる、って走って行っちゃった。

あんなにがんばってるのを見ると、こっちも身が引き締まってくるな。

アム・アレーンに生きる人たちのため……そしてテイナーが過去に別れを告げ、未来を切り拓いていくため。

プロネーシスとの戦い、絶対に負けられない

がんばろうね、ケリッグ。

・・・・・・

うに

あ!賞金のこと忘れてた

うにとしたことがお金のことを忘れるなんて←

ケリッグだって賞金稼ぎが本業なのに、すっかり忘れてたみたいw

……そんな風に思えたのも、きっとテイナーに出会えたからだよね。

賞金なんかもうどうでもいい。
みんなに、心からの笑顔を取り戻してあげたいんだ。

うにはただ、それを見たいだけなんだ。

ひとときの和やかな時間を経て、うには決意を新たにする。

護りたい人々のため、そして大切な仲間のため。
そして彼らを想う自分のため、うにはプロネーシス討伐に臨む──。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です