事件屋ヒルディブランドが苦手な人が真剣に遊んだ結果・・・正直に感じたこと【事件屋ファンやや閲覧注意】

事件屋、やーっと終わらせたよ

ぃよっしゃあああ 暁月編まで事件屋駆け抜けたああああ!

新生編クリアでずっと放置してしまってたんだけど、マンダヴィルウェポン絶対作りたいからがんばって終わらせたよ。これで安心!

実は事件屋の新生編をやってから、事件屋にちょっぴりニガテ意識?あんまり気が進まないなあってところがあったんだよね。

「つまらない」って一言で片付いちゃうほど面白くないわけじゃない。いいとこももちろんたくさんある。
でもなんか食指が動かないなっていう感じ?

ぱぱっとやれるほど短くもないし……。

ならムービースキップすればいいじゃんって意見にはハゲしく同意なんだけど、うに的にどうしてもそれはしたくない!><やったら負けな気がして。←何に?w

なので超絶気合いをいれて、最新のとこまで全部終わらせてきたよ。

さわりだけやってアレコレ書き散らかすのはよくないと思ったので、ちゃんと終わらせた今、事件屋シリーズの感想を書き留めておこうかな。

不満だらけの日記は書いてて楽しくないし、そもそも事件屋の全てがムリ!とは思ってないけど(そこまで合わないなら日記の題材にしないw)正直に書くとどうしてもネガティブな内容も含まれちゃう
事件屋好きな人にとっては気分を害する内容も含まれてるかもしれないので、閲覧には十分注意してね。
(自分と異なる意見・考え方に対して寛容な人はこの限りではありません)

よかったところ

①演出が豪華

あのまるで劇場版みたいなオープニングやエンディング、すごいテンション上がる~!

事件屋のテーマ曲も、探偵らしさの中にコミカルな雰囲気も感じられて好きだな。

クエスト中はたっくさんムービーがあって、ものすごく気合の入ったシリーズなんだなあって嬉しくなる。

②新生編・紅蓮編ストーリーのワクワク感

新生編と紅蓮編のストーリーは面白かった!

新生編やって事件屋に抵抗が芽生えた、という先に書いた内容と矛盾するけどw、これはストーリーに直接関係ない部分に対してだったので……。事件の内容自体は好みだったんだよね。

この先どうなるの?ってワクワクドキドキしながら進めたよ。

③魅力的なNPC

新生編のブリアルディアン、エリー。
蒼天編のキール。
紅蓮編のシグレ。
みんなそれぞれいいキャラで好き。暁月編はまだまだこれからなのでわからないw

ヒルディとナシュは良くも悪くもぶっ飛んでるので、いつものノリの人たちがいてくれるとホッとするねw

ブリなんとかさんは事件屋のスピンオフである聖アンダリム神学院でもお世話になった。あれ面白かったなあ。

うに

うに、たぶん基本シリアス、たまにちょっとクスっとくるくらいのバランスが好きなんだと思う(自分のサムい日記から目を背けながら)

苦手に感じたところ

① テンポが悪い

お約束の顔芸や長いモーション演出、くどい

「面白い」と「くどい」の境界線は人によって違うから難しいね。あくまでも「自分の中では」超えてる時があるなって話だよ。

② ナシュの言動

蒼天編の途中で、「ナシュ怖いな」って感じてしまうシーンがあった。

異端審問官のキールが「ギギは魔法人形だ」と主張することについて、ギギをひとりの人間として見ているナシュが「いい加減あの冗談は面白くないです~」みたいに文句言ってたシーン。

あのナシュ見た瞬間、うまく言えないけどなんかゾッとしてしまった。

何が怖いってザ・真顔なこと。

いつも天真爛漫☆天然娘みたいなナシュからは想像つかない、ただならぬ雰囲気というか……。

あれ?事件屋ってサイコホラーだっけ?;;って思っちゃった。

うに

特に意図した演出ではないのかもしれないけど、突然ガチトーンになった理由がわからなくてすごく怖い><

まったく同じセリフでも、怒り顔とか呆れ顔だったら気にも留めなかっただろうな、って考えると表情大事。。

普段いかにNPCたちの表情が豊かで、そこから感情を読み取ってるかってことだよね。
登場人物たちが終始真顔の世界(昔のゲームとか)だったらこんなこと思わないし。

あれ以来、ナシュの無邪気な姿を見ても「これは演技かもしれない……」って考えてしまう自分がいるよ←我ながら引きずりすぎだと思うw

③ ヒカセンの蚊帳の外感

ヒカセン、(事件に関して)あんまり出る幕なくない?……と思ってしまった。

ギャグ時空の人たち(ヒルディ&ナシュ)と普段のエオルゼア時空の人たちを繋ぐ役割でしかないんだよね。あと傭兵。

新生編の時はブリアルディアンとエリーという複数の同行者だったからバランス取れてたけど……蒼天編からはヒカセンが板挟みの中孤軍奮闘してる感じがあって、ちょっと辛いものがw

あと、ナシュはなぜヒルディをあんなに崇拝してるんだろ?

理由がわからないので、ナシュが「ヒルディブランド様~!」ってなるたびに蚊帳の外感やばい。

深い意味はありません、そういうものとして受け止めてね、ってことなら納得するw

(根性版から登場してるらしいので、うにが理由を知らないだけかな?それか読み流しちゃった?)

苦手なところを踏まえて、今後の期待という名の妄想

① テンポが悪い→特になし

このテンポがある意味「事件屋らしさ」でもあると思うので、変わって欲しいとかは思わないかな。

ヒカセン(読み手)によっては、ヒルディたちとノリが合わないこともある。でもそれって誰が悪いわけじゃない、ごくごく当たり前のことだと思うんだ。

あとノリが合うかは別として、気合の入った演出は素直にすごいな、嬉しいなと感じるよ。よかったところと重複するけど、大事なことなので2度書いたよ。

② ナシュの言動→実は事件屋シリーズ共通の伏線、どんでん返しがあるならむしろ大アリ

ナシュに対して引っ掛かってる諸々、実は全て壮大な伏線だったとしたら面白いな。

もしそうなら手のひらクルクル、大喜びしちゃうと思うw

展開によっては今のナシュのイメージをぶち壊すことになるので、考えにくいとは思う。

その一方で、掟破り系ミステリの傾向的に「ヒロイン豹変」ってむしろ鉄板ネタかも?とも思わなくもない。

③ ヒカセンの蚊帳の外感→選択肢などで事件の推理に参加したい

今までの単なる便利屋係だけじゃなく、もう少し事件の大事な部分に関わりたい><

ヒルディ登場!ギャグ炸裂でまさかの解決☆な展開がこのシリーズのお約束なんだろうけど。。

たまにはヒルディ・ナシュ・ヒカセンが推理に悩んだり失敗したりしながらも、協力して壁を乗り越える……っていう熱い展開も見てみたい!

ヒルディとナシュにももっと愛着が湧くと思うし。

これに関しては推理モノ大好きなうにが、「事件屋」という響きだけで勝手にミステリ展開を期待しちゃったのも悪いと思う。。

なんにせよマンダヴィルウェポンが楽しみだよ

……とまあウダウダ書いちゃったけど。

とりあえずマンダヴィルウェポンつくるための下準備ができたのでヨシ!

一応ちゃんと全部読んでるから、新しいお話にもついていけるだろうし(懸念材料:鳥頭)。

そしてやっぱり光る武器といえば、こちらもある意味「光の紳士」のゲロルトの出番だよね。

うに

え?また髪の話してる?
誰も「光(輝く頭)の紳士」とか言ってないよ?

うに何だかんだゲロルトにはめっちゃお世話になってるから、もうすっかり愛着わいちゃってるw

また一緒に武器つくるの楽しみだなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
うに
うに
ストーリーとミラプリとハウジングが大好きな、エオルゼアの床磨き職人。
いわゆる地雷だがロット運はない。
零式?絶?知らない子ですね
生息地:エレメンタルDCのどこか、鯖はひみつ
2021.08〜 エオルゼアに爆誕